第529回 開発運営レポート

2019/08/14 (水)

不定期企画「MHFのウラガワ」第1弾~「天廊の謎」編~
  • PS Vita
  • PS3(R)
  • PS4(R)
  • パソコン

アシスタントプロデューサーの砂野です。

前回、開発運営レポートで「裏話をまとめた記事をお届けすることを検討中」とお伝えさせていただいておりましたが、今回はその第1弾となります!



今回は、ハンターの皆様からのご要望が非常に多かった『天廊』に関する裏話をお届けしたいと思います。いつもの開発運営レポートとは少し趣が違った形になりますが、お付き合いいただけますと幸いです。



MHF-G6 プロモーションムービー
※上記リンクは、ゲームブラウザから閲覧することができません。
お手数ですが、パソコンまたはスマートフォンにてご覧ください。

【天廊の謎①】「天廊」とは何だったのか?

大型探査船で各地の調査を行なっていたギルド職員が発見した巨大建造物、それが「天廊」です。天まで続く回廊のように見えたことから名づけられました。

ギルドは天廊で発見される素材が、メゼポルタに新たな技術をもたらすと考え、調査活動を始めますが「そもそも天廊は何のために建築されたものなのか」についてはわかりませんでした。


(先代ギルドマスターのおじいちゃんもお手上げでした)

この「天廊」は、古代人が建造した神聖なモニュメントのようなもの、という設定です。

かつてこの地で生活していた古代人たちは、彼らに禍福をもたらす存在が天高くに棲んでいる、と考えていました。
そうした存在が、自分たちのもとに降りることができるようにと、巨大な建造物を建築したのです。
そして祭事の際にはこの建造物の中に供物を納め、今後の一族の繁栄を祈っていました。



また、神聖な建造物であるため、一部の者のみが中に立ち入ることが許されていました。中でも『内殿』と呼ばれる区画は古代人の長のみが立ち入ることができ、許可なく立ち入った者には厳罰が課せられていました。

【天廊の謎②】「天廊」はなぜ罠だらけなのか?



ある時、一族以外の者が神聖な建造物の中に侵入し、供物を持ち出すという事件が発生します。侵入者は即座に探し出され、その日のうちに罰されたものの、古代人たちの怒りは収まらず、二度と部外者の侵入を許すまいと、建造物内に様々な仕掛けを施したのです。

さらに、自分達が供物を届けにいくための安全な抜け道を確保した上で、多くのモンスターを中に放ったことにより、建造物内はたちまち危地と化したのでした。

【天廊の謎③】古代人が犯してしまった禁忌はなんだったのか?




かつて古代人たちが神聖なモニュメントとして建築した「天廊」ですが、ギルド調査員たちが発見したころには、人の気配はなく、建造物内も荒れ果てていました。
『MHF-G6』プレビューサイト内の「プロローグ」にて、古代人たちが禁忌を犯し、姿を消したことが語られています。

実は、侵入者があってからしばらく時が経った頃、建造物を安全に移動するために不可欠であった「抜け道」が壊されるという事件が起きたのです。また盗人が入り込んだに違いないと考えた古代人たちは、武器を手に取り天廊内を捜索します。



しかし、長期間にわたる捜索も成果が上げられず、痺れを切らした一団が、立ち入ることは禁忌とされてきた『内殿』に足を踏み入れてしまいました。内殿は壁面が氷に覆われた、美しく、神秘的な場所でしたが、そこに存在したのは、禍々しく、巨大な古龍でした。その古龍は、自分の棲み処に迷い込んだ異物を排除しようと襲いかかり、古代人たちは命からがら天廊から逃げ出しました。

禍々しさを湛えた古龍を見た古代人たちは、「禁忌であった『内殿』に立ち入ったために、災いが起きたのだ。怒りを買った我々は、もはやこの地にいることは出来ない」と慄き、古龍が現れてから季節がひと巡りした頃には、建造物の周りから、古代人たちはみな姿を消していたのでした。

【天廊の謎④】天廊の頂上には、何があるのか?

開発時の設定では、天廊の頂上には、古代人たちが崇拝していた存在が地上に降りる際の案内役として、「巫女」のような役割の少女が住んでいます。

少女のいる部屋は日当たりがよく木々が生い茂っており、食糧などに困ることもなく、さらにそこで育てた薬草を煎じた特殊な薬を常用することで不老長寿となっている、という設定です。彼女は文献知識は豊富な一方で、ずっと天廊内で生きてきたため常識には疎く、あまり感情を表に出しません。

ゲーム内には登場しなかったものの、企画時の参考イラストとして、キャラクターのラフデザインもありました。


(このデザインは「天廊」の後に登場する「狩煉道」受付嬢に受け継がれました。この画像はクリックで拡大表示できます。)

古代人たちは頂上に行くための抜け道を失い、彼女に再び会うことも叶わずに天廊の建つ地を去っていますので、彼女はまだ自分が置いて行かれてしまったことすら知りません(悲しい…)。

さて、いかがでしたでしょうか?

開発運営レポートで披露する最初の「MHFのウラガワ」がこんなに悲しい裏話で終わるのは心苦しいので、最後に「天廊遠征録」の受付嬢を務めたのち、現在は「メゼポルタフェスタ」で元気に「とことこパートニャー」の受付嬢をしている彼女のビフォーアフターをご覧いただいて終わりにしたいと思います!



編集後記
実は僕が『MHF』チームに携わり始めたのも、『MHF-G6』が開発途中のタイミングでした。最初に『MHF』で担当したのが、「G6横断ハンティング」やクリスマスイベント「白いクリスマスの伝説」などのゲーム内イベントだったりします(懐かしい)。

今後とも『モンスターハンター フロンティアZ』を、よろしくお願いいたします。

お問い合わせ状況
  • PS Vita
  • PS3(R)
  • PS4(R)
  • パソコン

各種キャンペーンやイベント報酬のアイテムなどをお受け取りしようとした際に、アイテムボックスに空きがあるにもかかわらず「特典を受取るための空きがない」とメッセージが表示され、お受け取りができないとお問い合わせいただくことがございます。

上記の場合、お客様が所持されている猟団ポイント、Nポイント、イメチェンポイントが原因で、お受け取りができない場合がございます。

各種ポイントに関しては下記の所持上限が定められており、上限を超えるポイントの受け取りはできない仕様がございます。

■猟団ポイント、Nポイント、イメチェンポイントの最大所持上限
・猟団ポイント:50,000RP
・Nポイント:100,000NP
・イメチェンポイント:99P

そのため「ガイド」より特典をお受け取りされることで各種ポイントの所持上限を超える状態の場合、特典をお受け取りできない状況となります。

※一例となりますが「HLリワードのスタンプ」特典などのNポイントが未受け取りかつ、Nポイントの所持数が多い場合などに、上記の状況が発生いたします。

該当のメッセージが表示され特典をお受け取りいただけていない場合は、大変お手数ではございますが各種ポイントの所持ポイント数をご確認いただき、特典を受け取っても所持上限を上回らないよう、現在所持されているポイントをお使いいただいた後、あらためてお受け取りをお試しいただきますようお願いいたします。

利用規約違反者対応状況
  • PS Vita
  • PS3(R)
  • PS4(R)
  • パソコン

2019年7月29日(月) ~2019年8月11日(日)の期間中に、PS3、PSVita、PS4、パソコンのゲーム内において利用規約違反は確認されませんでした。

  警告 一時停止 永久停止 合計
チート行為※ 0 0 0 0
ハラスメント 0 0 0 0
不適切名称 0 0 0 0
合計 0 0 0 0

※不具合の悪質な不正利用による対処件数が含まれます。

2019年7月
合計 3件
2019年8月
合計 0件

MHF-Zでは、ゲーム内でのチート行為やチャットでのハラスメント行為以外にも、ゲーム内のキャラクター名や猟団名などにつきまして、公序良俗に反する不適切な名称を付ける迷惑行為につきまして、利用規約上において禁止行為とさせていただいております。

「キャラクター名」や「猟団名」はもちろんのこと、「パートナー」「パートニャー」「ホルク」などの名称につきましても対象となります。

調査の結果、不適切な名称と判断された場合、「警告」や「一時停止」および「名前の変更」という対処が行なわれます。 また、これらの名称につきまして公式狩猟大会や狩人祭開催中に、規約違反行為が確認された場合、その対象者および猟団ごと失格となり、公式狩猟大会での入賞取り消しや狩人祭の上位猟団発表から除外される場合がございます。

ゲーム中に不適切な名称を発見された場合には、下記「お問い合わせ」ページの「迷惑行為の報告」より、該当のキャラクター名やキャラクターID、猟団名などを含むできるだけ正確な情報をお書き添えいただいた上、ご報告をお願いいたします。

お問い合わせ
規約違反に関する罰則規定

MHF-Zは、インターネットを通して不特定多数のお客様が同時にプレイされるオンラインゲームです。ご自身や仲間内では、全く問題ないと思われている「キャラクター名」や「猟団名」であったとしても、他のお客様が不快に感じられてしまう場合もございます。くれぐれもご注意くださいますようお願いいたします。


以上で今週の開発運営レポートのご報告となります。

過去の開発運営レポート一覧